口腔外科

親知らずの抜歯

当院では親知らずの抜歯を行っています。親知らずが生えたからといってどんな場合も抜いた方が良いわけではありません。親知らずが完全に隠れていて、炎症も起きていない場合は抜かずに様子を見ることもあります。
その一方で周辺の歯ぐきが腫れていたり、親知らずが周囲の歯に負担をかけていたりする場合は抜いた方が良いでしょう。
当院では立体撮影ができるCTを使い、親知らずの状態を精密に検査し、安全な抜歯に役立てています。

顎関節症

顎関節症とは

顎関節症(がくかんせつしょう)とは、あごの関節や咀嚼筋の障害により、あごが痛む、口が大きく開けられないなどのさまざまな症状が起きる病気です。歯の食いしばりや歯ぎしり、噛み合わせの悪さなどが原因だとされています。

症状
  • あごが痛む
  • 口が大きく開けられない
  • あごを動かすと音がする
  • 噛み合わせが何だかおかしい
  • 口を完全に閉じることができない
  • 頭痛
  • 目まい

治療方法

当院では顔をストレッチさせて症状を和らげる方法などをお伝えしています。治療が難しい場合は、専門の医療機関をご紹介しています。