成人矯正歯科

矯正治療はなるべく若いうちに

矯正治療はなるべく若いうちに矯正を検討している大人の方にお伝えしたいのは、なるべく若いうちに治療を行ったほうが良いということです。歯と歯茎、歯槽骨にも加齢現象は起こってきます。高齢になってからの治療では、治療方法の選択を制限されたり、治療期間が長くなったりします。
一方、早い段階で噛み合わせを揃えておけば、しっかりした咀嚼力で食事ができ、むし歯や歯周病にもなりにくく、悪い噛み合わせからくる肩こりなどの全身の不調も予防できます。矯正は健康への初期投資と考えていただければ、その効果は大きいと言えるでしょう。

小児矯正歯科

治療に適した年齢は?

治療に適した年齢は?
お子さまの矯正は、前歯と奥歯に永久歯が生え出す6歳くらいに開始するのが一般的です。小児矯正には、「第一期治療」と「第二期治療」があります。あごの成長や歯並びによって、治療法が分かれます。

第一期治療
乳歯・乳歯と永久歯がまざった混合歯列期に、成長する力を使って、永久歯がきれいに生えるようにあごの成長やバランスをコントロールする治療です。歯並びによりますが、6歳から12歳くらいの間の治療になります。治療期間は1年~1年半が目安です。乳児の段階で受け口(反対咬合)などの心配がある場合は、ご相談ください。

第二期治療
永久歯が生え揃い、あごの成長が終わった後に行うのが第二期の治療で、12歳くらいからが目安となります。歯にブラケットとワイヤーをつける歯列矯正などがあります。基本的に成人の矯正治療と同じで、治療期間は1年半程度です。

矯正治療はなるべく若いうちに

もっともポピュラーな矯正装置で、歯の表側に金属の装置(ブラケット)を接着し、金属のワイヤーで調整する矯正治療です。金属なので少々目立ちますが、スタンダードな矯正方法となり、費用面も抑えることのできる治療です。

目立たない矯正歯科ーホワイトワイヤー矯正歯科

矯正治療に用いる装置の中でスタンダードなのは、歯の表面に「ブラケット」と呼ばれる器具を接着し、そこにワイヤーを通して歯を動かす方法です。この装置を用いた矯正法は、歯の位置を最も正確にコントロールできますが、従来は金属製であったため「目立つのが嫌」と敬遠されていました。当院では、ホワイトやピンクゴールド色などのブラケットを用いた、目立たない矯正を行っています。