入れ歯・インプラント

当院の治療について

歯がなくなったときの治療として、入れ歯やインプラントといった方法が挙げられます。入れ歯は他の治療に比べて安価である半面、手入れが必要です。インプラントは周囲の歯に負担をかけずに自立できる強さがありますが、治療費用が高額になります。
それぞれのメリット、デメリットを十分にご説明し、患者さまのご要望も踏まえて治療方針を決めていきます。

入れ歯

入れ歯は当院院長の得意分野

院長は勤務医時代から、たくさんの入れ歯を作ってきました。その数は数千に上ります。患者さまの装用感は事前に予測しづらいため、入れ歯の作成は非常に難しいものです。当院では患者さまの入れ歯を作り替える場合、以前の入れ歯への感想を十分にヒアリングした上で、過去の形状や大きさに近づけつつも機能を向上させることを心がけています。

入れ歯の種類

目立ちにくい「ノンクラスプデンチャー」

入れ歯を固定する金属のバネがないため、目立ちません。また、柔らかく弾力性のある素材を使っているので、歯ぐきにフィットして違和感が少ないほか、周囲の歯への負担が少なく、傷つけることも少ないのが特徴です。

作成に高い技術が必要な「コーヌスクローネ」

バネを使わないはめ込み式の、しっかりと固定できる質の良い入れ歯です。歯根の上に金属冠を被せ、その上に入れ歯を被せます。コーヌスクローネの作製は入れ歯の中でも難易度が高いため、取り扱っている歯科医院は多くありませんが、当院では提供が可能です。

違和感が少ない「金属床義歯」

床部分が金属でできている入れ歯です。強度が高い金属であるため薄く、装用時の違和感が少ないのが特徴です。また、熱伝導性に優れているため、食事のときに温度をリアルに感じられます。割れにくく変形しにくいというメリットもあります。

インプラント

インプラントとは

インプラントとは、手術であごの骨に穴を空け、チタン製の人工歯根(インプラント体)を埋め込み、最後に上部構造と呼ばれる人工歯を被せる治療方法です。

インプラントとは、手術であごの骨に穴を空け、チタン製の人工歯根(インプラント体)を埋め込み、最後に上部構造と呼ばれる人工歯を被せる治療方法です。

CTで安全な手術を

当院では安全な手術を行うため、立体的な撮影と、精密な検査ができるCTを導入しています。手術で穴を空けるあごの薄さなどを綿密に調べ、万が一のリスクがないかを検討します。

信頼性の高いインプラントメーカーを採用

当院が使用しているインプラント体はスイスに本社を置くストローマン社製のものです。世界でトップシェアを誇り、10年後の残存率が95%以上という高い信頼性から、70ヵ国以上・500万人以上の患者さまに使われています。また、日本各地の歯科医院で使われているため、患者さまが引っ越した先でもメンテナンスを相談しやすいといったメリットがあります。

難症例にも対応できる最新のインプラント体

当院ではこのほど、細くて丈夫な最新のインプラント体(ロキソリッド)も導入しました。穴を空けるあごの骨が薄い場合、従来のインプラント体では埋め込むことが難しく手術ができないことがありましたが、こちらの製品を使用することでより幅広い患者さまに対応できるようになりました。先述の理由などで他院に断られたという方は一度、ご相談ください。

費用

総額 300,000円(手術代、埋入代、上部構造代)

費用(税抜)

総額 300,000円(手術代、埋入代、上部構造代)